健やかなお子様の成長の記録 七五三・七草

 七五三は、男の子は3歳と5歳、女の子は3歳と7歳の年の11月15日に、成長を祝って神社・寺などに詣でる年中行事(神社庁より)。本来は数え年ですが、現在は満年齢で行われる場合が多いです。 また、鹿児島には「七草祝」という風習があります。子供の無病息災を祈る薩摩藩時代からの伝統行事で、数え年で7つになった子供は、七五三の時のように着物や袴で着飾り、七草祝の祈願を神社で受けます。 その後、重箱を持って(膳に椀をのせることもあり)、七軒の家を廻って七草がゆ(ずし=雑炊)を貰います。「七所の雑炊(ななとこ(い)のずし)」と言ったりします。鹿児島では、七五三よりも盛大に行ったりします。