赤ちゃんの誕生とお祝い 百日・お宮参り

 お宮参りは、赤ちゃんが無事に生誕1ヶ月目を迎えたことを産土神に感謝して報告することです。

 日本には赤ちゃんの誕生と健やかな成長を願って、生誕約1ヶ月目に、両親と父方の祖母が付き添って神社にお宮参りをする風習があります。 現代では父方の祖母だけでなく、母方の祖母が付き添うことも多くなっています。

 一般的に男の子は生後31日や32日、女の子は32日や33日に行われるようであるが各地域で様々です。最近では主に生後1ヶ月頃に行われていることが多いです。生後百日目の宮参りを「ももかまいり(百日参り)」と呼びます。

 赤ちゃんに「白羽二重」の着物を着せ、紋の付いた祝い着を上から羽織らせる形が正式なものです。両親も正装が望ましいとされます。